*All archives* |  *Admin*

2017/07
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新型インフルエンザ
前々から、いつ起こってもおかしくないと言われていた新型インフルエンザ。
アメリカで1歳11ヶ月の男の子が亡くなったというニュース。
世界的大流行の一歩手前。
わかっていたことだけど、あまりにも急な拡大に戸惑っています。


思い出すのは2003年のSARS流行時。
私はこのブログのタイトルにもなっている赤道直下の国、シンガポールに住んでいました。
今のようにTVをつければ求めなくても情報が入ってくる状況ではなく、インターネットや友人の家でときどき見るNHKから情報収集する日々。(間借りをしていたのでTVがなかったの)
小さい国なので、日々増えていく感染者、死亡者の情報に怯えていました。
教師という仕事柄、人に会わないわけにはいきません。
ただ、流行が拡大される中、企業への出張レッスンは当面休みに、また、学内でのレッスンも休校せざるを得ない状況になりました。
当時、日系病院の女医さんのプライベートレッスン(診察室で教えていました)を長くやっていました。いち早く気遣ってくれたのがこの方。流行が懸念され、「一番危ないのは病院では」と囁かれ始めた頃、レッスン休校の申し入れをしてくださいました。ホッとしたのは言うまでもありません。
その先生、C先生は3人目の産休のときからレッスンを始め、産後すぐ復職したあとも継続されていました。
3人のお子さんを抱え、まさに「戦場」で働いていたC先生。自信も感染の危険性が高い状況。当時も頭ではその大変さを分かっていましたが、PALの存在がある今、一層痛感してしまいます。
そして、今更ながら心配してマスク等を送ってくれた家族の気持ちを実感し、あらためてありがたく感じます。

一日も早くおさまりますように。

とにかく、自分にできることをするだけです。


スポンサーサイト
WELCOME
     
script*KT*
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
カテゴリー
プロフィール

PRK

Author:PRK
子育てに翻弄されている(?)主婦。
元日本語教師、自称育休中なのですが、復帰はいつになることやら・・・。
家族 : オット君、
      PAL(2歳、♀)

最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
訪問履歴
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。