*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産1
6月11日。
そう、それがベイベーに逢える運命の日、のはずでした。(いわゆる予定日)
しかし。。。
兆候がまったくなーい!

あれ?何となく早く生まれる気がしてたんだけど。
ま、初産は遅れるっていうしー。

最初は 気楽に構えていました。

そして、過ぎること一週間。
周囲も心配してくれている。が、そのときの私にはプレッシャーにしか
感じなかった。
心配してくれるのはありがたい。
でも、自分が一番心配。
いつベイベーに逢える?逢いたくないのかな?頭の中でいろいろな想いがぐるぐる廻る。
そして検診。

Dr.「まだ兆候ないねー。このまま何もなければ木曜日から一日おきに
   注射に通ってね。」
PRK「何の注射ですか?」
Dr.「子宮口をやわらかくする薬」
PRK「それでも何もなかったら どうなるんですか??」
Dr.「入院して促進剤だねー。赤ちゃん出してあげないと。」
PRK「!!!」

ああ・・・。
できれば、クスリには頼りたくなかった。。。
でも、仕方ないのね。。
そして一日おきに注射に通うこと、三日間。
三日目の診察で、マタニティスイミングの友人にばったり。
彼女は予定日が私と一日違い。。
予定日どおりに産まれた、と。
大変なお産だったらしいが、すがすがしい顔をしていた。

いいなー。

Dr.「はい、じゃ明日から入院ね。あさっての朝から陣痛促進剤。」
PRK「はーい。」

あさってから促進剤。
じゃ、あさってには会えるの?
きゃ~!
明日から入院ということで、オット君と寿司(もちろん廻ってます)を食べに行った。
二人きりの夕飯も今夜が最後!?

翌日6月24日、ちょっとした旅行に行くようなウキウキ気分で
病院に入った私とオット君。
翌日からの苦痛も知らずに・・・。

明日、逢えるんだ!
コーフンで、眠れぬ入院第一夜を過ごした。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

WELCOME
     
script*KT*
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
カテゴリー
プロフィール

PRK

Author:PRK
子育てに翻弄されている(?)主婦。
元日本語教師、自称育休中なのですが、復帰はいつになることやら・・・。
家族 : オット君、
      PAL(2歳、♀)

最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
訪問履歴
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。