*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出産3
で、三日目の夜、ドクターが「少し寝て、明日の促進剤に体力を」と、鎮痛剤をうってくれたが、
効きやしない!微弱陣痛には効くのだが、大きいのには効かないので、突然ソレ(陣痛)は
やってくることになり、余計ツライ。
もうダメ。
日本全国、いや、世界の子持ちの女性のほとんどは経験している痛みなのに・・私だけ耐えられないのか、と何度も弱気になった。
そしてその晩は何度もナースコール。
「鎮痛剤うってください」→助産師さん「もう効かなくなってるのね」
「まだ生まれませんかね」→助産師さん「うーん、まだねえ。」
くりかえし、くりかえし・・。

で、あと一時間で促進剤スタート、というときに、GO!がかかった。
オット君を呼んでもらった。
分娩台に上がってからは長かったわけじゃないけど、ベイベーの心拍数が下がることが何度か。
怖くなった&自分の体力に自身がなかった私は、助産師さんに「切ってください」と言った。
(オット君にも聞いてからね)
でも、その時の助産師さん、Tさんは「7時まで待ってください。切るっていうのは、母体にダメージが
かかって大変なことなのよ。できるのなら自然分娩が一番いい」と。(その時は確か朝の6時半頃だったと思う)
で、タイムリミットの7時少し前に全開。
それから約40分後にベイベーがこの世に生まれてきた。

きっと今までの会話、聞こえてたんだね、PAL。
吸引分娩で大変だったけど、よく頑張ったね。

無事に生まれてくれてありがとう。
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

WELCOME
     
script*KT*
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
カテゴリー
プロフィール

PRK

Author:PRK
子育てに翻弄されている(?)主婦。
元日本語教師、自称育休中なのですが、復帰はいつになることやら・・・。
家族 : オット君、
      PAL(2歳、♀)

最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
最近のトラックバック
訪問履歴
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。